産後 骨盤 ケア ダイエット


産後といえば、心配なのはダイエットです。
体重は戻ったのに、お腹のぽっこりが戻らないなんていう方もいるようです。
妊娠中は、運動はもちろん、ちょっと体を動かすこともなかなかできなくなります。
それから、お腹が大きくなるせいで動作がゆっくりになるし、体をねじったりもしにくくなります。
そうしていると、当然筋肉量が減り、基礎代謝量が下がってカロリーを消費しにくく太りやすい体質になってしまいます。
さらに、骨盤が開いた状態なので、お尻が大きくなってしまったり、下腹部が出たりといった原因にもなります。
産後ダイエットは、決して無理をしてはいけません。
あとあと体調を崩したり、基礎代謝をさらに低下させてもっと太りやすい体質になってしまいます。
したがって、産後ダイエットでは摂取カロリーだけをカットするのではなく、基礎代謝を上げる努力をしましょう。
そんなことはどうでも良い事です。あなたは、すでに、どうすれば、英語を簡単に学べるかの術を知っているのですから。
骨盤が開いた状態にあるので、下腹部にコルセットやサポーターをつけましょう。座るときは、姿勢を正して座ります。
産後は体の回復も考えて、2〜3ヶ月くらいしてから体重が落ち始めるようにすると良いですね。
posted by セイコ at 20:44 | 産後ダイエット方法
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。